指導方針 

野球を通じ一生涯の仲間を作り、成功体験を積む。

​「結婚式に呼べる友達を作ろう!」

「勝って泣こう、負けて泣かない!」

「野球は楽しいと心から感じよう!」

これらの言葉を子供達に呼びかけています。一生懸命に同じ目標に向かう仲間との繋がりは、一生涯の宝物。

子供にとって小学生という対人関係の築き方を育むこの時期に、笑って仲間と頑張ること、仲間を大事にすること、みんなで勝つために努力することは、子供達の人格形成に良い影響を与えていけると考え、指導をしております。

目指す野球は「勝って和を為すスマイル野球」​です。

明るく笑いながら、試合にも勝てるチームを目指していきます。

勝つためには、適度な厳しい練習も必要ですが、なによりも選手自身が自ら勝ちたい、上手くなりたいと思えるように、選手への動機付けを行い、自らの頭で考える力を醸成できるように努めております。

また試合では最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、リラックスし、楽しめる環境が必要と考えています。子供達には「失敗してもいいから思いっきりやろう!」と声をかけ、自信を持って力を発揮し、成功体験を積ませてあげたいと思います。 

野球に興味を持っていただいたお子さんや、野球をやらせてみたい親御様にとって、このチームに参加してよかったと思っていただけるよう、親子にとって一生の思い出が作れるよう監督、コーチ共々努力してまいります。

​自由ヶ丘ドジャース監督   

丹下勇気